【ドル円予想・来週の見通し】 11/29(月)~12/3(金)update12

ドル円売買シグナル

★週末のドル円
スマホFX売買シグナル(無料)

上下の矢印でスマホ画面に
売買チャンスをズバリ表示!

エントリーポイントが一目瞭然!
売りシグナル発生!
週末のドル円暴落ズバリ的中!
約2円20銭ゲット!

上下荒い値動きに強い!
スマホFX売買シグナル(無料)

★最新 iPhone 公式対応★
ドル円・スマホFX売買シグナル
(11月27日・土曜日午前1時)

↓↓完全無料で使えるFX売買シグナル↓↓


FXダイレクトプラス

【来週の重要イベント】 11/29(月)~12/3(金)

オミクロン(南アフリカ変異株)ショック

WHO=世界保健機関は南アフリカ変異株「B.1.1.529」をオミクロンと命名。

今回の変異株は極めて強い感染力が特徴。
南アフリカ、ボツワナ、香港、イスラエル、ベルギー、ドイツ、チェコ、イギリス、イタリア、オーストラリア、オランダ、オーストリア政府が発表。

イギリス政府
「オミクロン3人目の感染者」
「今後数日間で感染拡大が懸念される」

ドイツ政府
「フランクフルト空港を利用した乗客以外でさらに2名のオミクロン感染者を見つけた」

オランダ政府
「南アフリカから到着した航空便の乗客61名がコロナ陽性」
「現時点で13人がオミクロンと判明」
「オミクロンは氷山の一角」
「渡航制限解除出来るものではない」

英ジャビド保健相
「オミクロンの実効再生産数は2を超える」
「変異株デルタより感染力が6倍強い」
「渡航制限まで1日700人が南アフリカから入国」と発言。

オーストラリア政府
「数百人の海外客を追跡中」

フランス・オリビエベラン保健相
「フランス国内でオミクロン感染者が見つかるのは時間の問題」

市場で懸念されている3つの問題
・世界規模の感染拡大・渡航制限=景気後退
・オミクロンの重症化リスク
・既存ワクチン、治療薬の有効性

英ジョンソン首相
「28日(日)午前4時からアンゴラ、モザンビーク、マラウイ、ザンビアを渡航制限国に追加」

「オミクロンは広範な変異を起こしている」
「ワクチン接種を2度受けた人の間でも広がる可能性」
「的を絞った措置がいま必要」
「イギリス入国者はPCR検査で陰性となるまで全員自己隔離」
「陽性になった人は10日間の自己隔離」
「公共交通機関、店舗を利用する時はマスクなどで顔を覆って下さい」
「この措置は3週間以内に見直します」

米感染症対策のトップを務めるファウチ博士は
「アメリカ国内にオミクロンは侵入している」と発言。

欧州委員会フォンデアライエン委員長は「EUに危機が迫っている」と警告。

EUは南アフリカ、ボツワナ、ナミビア、モザンビークなどアフリカ南部7カ国からの緊急渡航制限を発表。

米バイデン大統領は
「アフリカ南部8カ国からの渡航を制限する」
「世界規模でワクチン接種が必要」と発言。

週末の金融市場は渡航制限で景気後退との見方。
NYダウが一時1000ドル超を超える暴落。
需要減少懸念で原油13%安。

ドル円は午前中の115円台から113円割れ寸前まで暴落。

ドル円チャート

市場では既存ワクチン、治療薬の有効性が次の展開を握るとの声。

欧州疾病対策センター(ECDC)はワクチン効果を明確に低下させる恐れがあると発表。

空気感染するとの話も出ており警戒感は続いている。

来週は、関連報道で再び大きく相場が動きそうだ。
月曜早朝の相場に要注意!

米FRBパウエル議長・議会証言

来週30日(火)24:00~
米FRBパウエル議長が議会証言を行う。

今回はコロナ支援プログラム発言が予定されている。

変異株・オミクロン出現で米FRBのテーパリング(量的金融緩和縮小)加速への見方が後退。

米FRBパウエル議長がテーパリングに対してどのような発言を行うか。
テーパリング加速に慎重な見方を示せばドル売り材料。

米雇用統計

来週3日(金)22:30
米11月雇用統計が発表される。

今年最後の米雇用統計発表。

今回、前回数値とほとんど同じ数字が予想されている。
市場予想と大きく乖離するかがポイント。

強い数字はドル買い、弱い数字はドル売り材料。

<非農業部門雇用者数>
市場予想+53.1万人 前回53.0万人
<失業率>
市場予想4.6% 前回4.5%
<平均時給・前月比>
市場予想0.4% 前回0.4%

FX市場オーダー

★FX市場オーダー情報
(11月27日・土曜日13時00分現在)

ドル円オーダー情報
113円00銭に厚い買いオーダーを観測。

★11月FXキャンペーン★
取引1回で5,000円キャッシュバック!
新規の方…追加で現金10万円キャッシュバック!
激アツキャンペーン開催中!
最短当日スピード口座開設!
口座開設・口座維持手数料無料!

米10年債利回り

★米10年債利回りチャート
(11月27日・土曜日週末クローズ時点 )

米10年債利回り=1.4820%まで約10%の急降下!連動するドル円暴落!

米10年債利回り・無料リアルタイム提供
↓↓LIONFX↓↓


FX取引ならヒロセ通商へ

ドル円予想・ドル円見通し

ドル円テクニカルチャート

ドル円一目均衡表チャート(週末クローズ時点)

週末のドル円は2円以上の暴落、大きなローソク足で1年ぶりの大陰線。
下値のサポートだった一目均衡表・転換線、基準線を下に突き抜けている。

113円割れの一目均衡表・雲の上限に迫る形。
雲に支えられる動きとなるかどうか。

雲の中に突入した場合、雲の下限(111円90銭)がターゲットとなるため要注意!

金曜日のNYダウが900ドルを超える暴落。
欧州株も全滅、世界同時株安の様相。
来週月曜日の日経平均は相当な影響が出る。

南アフリカ変異株(オミクロン)続報に注意しておきたい。

直近レジスタンスポイントは113円60銭(11/26NY高値-安値フィボナッチ50.0%戻し)
直近サポートポイントは113円02銭(11月26日安値)が意識されている。

ドル円レジスタンスライン

113円60銭(11/26NY高値-安値フィボナッチ50.0%戻し)
114円12銭(一目均衡表・基準線)
114円21銭(11月26日NY高値)
114円28銭(一目均衡表・転換線)
114円42銭(11月26日ロンドン高値)
115円37銭(11月26日東京高値)
115円46銭(11月25日高値)
115円52銭(11月24日高値)
115円61銭(2017年1月19日高値)

ドル円サポートライン

113円02銭(11月26日安値)
112円93銭(一目均衡表・雲の上限)
112円77銭(11月10日安値)
112円72銭(11月9日安値)
111円90銭(一目均衡表・雲の下限)

ドル円予想チャート

最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートの中から、現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、「過去の値動き」を参考にして「将来の値動き」を予測します。プロの世界でも活用されているチャート分析方法が、はじめての方でもクリック一つで簡単にご利用いただけます。

予想チャートすべてが一段安を予想。112円台突入は避けられない模様。

ドル円予想チャート提供↓


FXプライムbyGMO[ぱっと見テクニカル]

コメント

タイトルとURLをコピーしました