【ドル円予想・来週の見通し】 11/8(月)~11/12(金)

FX初心者

今月のドル円オススメ業者ベスト3

セントラル短資FX

ドル円スプレッド0.1銭(原則固定)
ミニ1,000通貨から大口100万通貨まで
ドル円スプレッド0.1銭で取引OK!
スプレッドにこだわる人にオススメ
無料FX売買シグナルも使えます!

外為どっとコム

ドル円スプレッド0.2銭(原則固定)
1回の発注で大口500万通貨取引OK!

★新規口座開設キャンペーン
取引1回で現金5,000円キャッシュバック
取引最大10万円キャッシュバック
新規・既存の方どちらも適用キャンペーン
スマホ取引最大100万円キャッシュバック

DMMFX
DMM FX

ドル円スプレッド0.2銭(原則固定)

★DMMの魅力
現金『200,000円』キャッシュバック
日本株・米国株・原油・金も取引できる
現金が0円でもFX取引可能(株券担保)

【来週の重要イベント】 11/8(月)~11/12(金)

米FRBパウエル議長講演

8日(月)24:30~
9日(火)23:00~

アメリカ中央銀行のトップ、米FRBパウエル議長が講演を行う。
金曜日の米雇用統計の結果を受けてどのような発言が飛び出すか。
強気内容ならドル買い、弱気内容ならドル売り材料。

米雇用統計の結果は強かっただけにコメント要注意!

英中銀ベイリー総裁講演

9日(火)25:00~

イギリス中央銀行のトップ、英BOEベイリー総裁が講演を行う。
これまで利上げに前向きなスタンスを示しながら木曜日の金融政策決定会合では金利現状維持(0.10%)に賛成票を投じた事で市場は疑心暗鬼となっている。

再び強気の発言が飛び出すかどうか。
今回の講演は信頼を取り戻せるか注目されておりポンドの動きに要注意!(ポンド買い)

ECBラガルド総裁講演

9日(火)22:00~

欧州中央銀行のトップ、ECBラガルド総裁が講演を行う。
市場では、来年中の利上げを見込んでいるがECBラガルド総裁は3日「中期的なインフレ見通しは引き続き抑制されており性急な金融引き締めを行うことは望ましくない」と発言。

来年の利上げを再び否定するか注目。(ユーロ売り)

米国債入札

来週8日(月)~10日(水)深夜3:00
米国債入札が行われる。

市場の注目は9日(火)深夜3:00の米10年債入札
入札前後はポジション調整が行われる事で米国債利回りが変動。
ドル円に影響を及ぼすため要注意!

米国債入札スケジュール
・8日(月)深夜3:00=米国債3年債入札
・9日(火)深夜3:00=米国債10年債入札
・10日(水)深夜3:00=米国債30年債入札

好調な入札結果⇒利回り下落、ドル売り
不調な入札結果⇒利回り上昇、ドル買い

米10月消費者物価指数

来週10日(水)22:30
米10月消費者物価指数が発表される。

インフレ最重要指標=消費者物価指数
市場予想よりも強い数字が出ればドル買い材料。

特に変動の大きいエネルギーと食品を除くコア指数は
米FRBが注目しており要注意!

米10月消費者物価指数・市場予想

総合指数・前月比
市場予想0.6% 前回(0.4%)
総合指数・前年比
市場予想5.8% 前回(5.4%)
コア指数・前月比
市場予想0.4% 前回(0.2%)
コア指数・前年比
市場予想4.3% 前回(4.0%)

原油価格

OPECプラスが増産拡大に応じなかった事で米バイデン大統領は戦略石油備蓄の放出を米エネルギー庁に検討させている。

戦略石油備蓄の放出はガソリン価格を強烈に引き下げる効果があるが天然ガスなど他のエネルギーも同時検討されている。さらにG7で協調を取れば投機筋に大ダメージを与えるだけに要注意。

原油リアルタイムチャート提供
↓↓GMOクリック証券↓↓


GMOクリック証券CFD

米FRB次期議長発表

FRBパウエル議長(左)FRBブレイナード理事(右)

市場の一部ではパウエル議長が交代する可能性が浮上、週末の米10年債利回りが急低下した一因。

FRBでは9月末にダラス連銀カプラン総裁、ボストン連銀ローゼングレン総裁が利益相反行為にあたる金融商品売買で辞任。

パウエル議長も保有する株式投資信託を500万ドル規模で売却しており規則ぎりぎりの行為とされている。

米ウォーレン上院議員は「パウエル議長はリーダーとして失格。再任しない」と明言。

米バイデン大統領は次期議長候補としてFRBパウエル議長、FRBブレイナード理事と面会。

次期議長は今月中に決定される見込みだがパウエル議長が交代となれば市場に激震が走ることは間違いない。

突然の発表に注意しておきたい。

ドル円売買シグナル

★現在のドル円
スマホFX売買シグナル(無料)

上下の矢印でスマホ画面に
売買チャンスをズバリ表示!

エントリーポイントが一目瞭然!
米雇用統計も簡単!
金曜日のドル円上下的中!

上下荒い値動きに強い!
スマホFX売買シグナル(無料)

★最新 iPhone 公式対応★
ドル円・スマホFX売買シグナル
(11月6日・土曜日週末クローズ時点)

完全無料で使えるFX売買シグナル
↓↓FXダイレクトプラス↓↓


FXダイレクトプラス

FX市場オーダー

★FX市場オーダー情報
(11月6日・土曜日8時00分現在)

ドル円オーダー情報
113円70銭、80銭、90銭に売りオーダー
113円20銭、113円00銭に買いオーダーを観測。

FX初心者ガイド・無料プレゼント!
こちらからどうぞ↓

米10年債利回り

★米10年債利回りチャート・1分更新
(11月6日・土曜日週末クローズ時点 )

週末の米10年債利回りは1.4360%まで急降下!
ドル円を叩き落とす材料となった。

米10年債利回りリアルタイム提供
↓↓LIONFX↓↓


FX取引ならヒロセ通商へ

米雇用統計総括

★11月5日(金)21:30発表
米雇用統計・リアルタイム速報

指標市場予想結果速報
非農業部門雇用者数45.0万人53.1万人(↑)
失業率4.7%4.6%(↓)
平均時給(前月比)0.4%0.4%(→)
民間部門雇用者数40.0万人60.4万人(↑)
平均週労働時間34.8時間34.7時間(↓)

非農業部門雇用者数、失業率共に市場予想よりも良い結果。平均時給は市場予想通り。

ドル円は発表直後に114円まで噴き上げたがその後は頭打ち。

NYダウは300ドル近い上昇となった。

★米雇用統計結果・リアルタイム速報動画
11月5日(金)21:30発表↓

MT4チャートが使える!スキャルピングOK!
米雇用統計・最速0秒<リアルタイム>提供↓


ドル円予想・ドル円見通し

ドル円テクニカルチャート

ドル円一目均衡表チャート(週末クローズ時点)

週末に急落したドル円だが8月以降、3連続下落は無いだけに週初は盛り返す気配濃厚。
下値は拾っておきたい。
テクニカルでは一目均衡表・基準線(赤色)が下値のサポート。
来週水曜日に113円ジャストまで上がってくる事から仮にもう一段下落してもここまで。

ドル円レジスタンスライン

113円85銭(一目均衡表・転換線)
114円03銭(11月5日高値)
114円27銭(11月4日高値)
114円44銭(11月1日高値)
114円70銭(10月20日高値)

ドル円サポートライン

113円25銭(10月28日安値)
113円20銭(10月14日安値)
113円00銭(10月12日安値)

ドル円予想チャート

最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートの中から、現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、「過去の値動き」を参考にして「将来の値動き」を予測します。プロの世界でも活用されているチャート分析方法が、はじめての方でもクリック一つで簡単にご利用いただけます。

予想チャートは可能性が最も高いのは反発。113円割れまでは逆張り狙いが有効。

ドル円予想チャート提供↓


FXプライムbyGMO[ぱっと見テクニカル]

コメント

タイトルとURLをコピーしました