【ドル円予想・来週の見通し】 2/28(月)~3/4(金) update6

【ドル円予想・来週の見通し】 2/28(月)~3/4(金)

無料FXシグナル配信

★FX業界初★
スマホにFX売買シグナル発生をプッシュ通知!
最新iPhoneバージョン公式対応!
絶好のタイミングを逃さない!
忙しい人にもピッタリ!
チャートにくぎ付けになる必要なし!

<無料FXシグナル配信・12通貨>
ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ポンド円、NZ円、カナダ円
ユーロドル、ポンドドル、豪ドルドル、ユーロ豪ドル
トルコリラ円、ランド円

◆無料で使える◆
外為どっとコム
マーケットの方向性が直感的に分かる
FXシグナルツール!
「ぴたんこテクニカル」
スキャルピングはもちろん
デイトレ・スイングトレードにも強い味方
テクニカルがわからない初心者だけでなく
中・上級者まで必須アイテム!
ドル円予想研究所・推奨テクニカル!
ぜひ一度お試し下さい!

★FXシグナル無料配信こちら↓

★本日のユーロドル・FX売買シグナルツール
(無料で使えます)

上下の矢印で売買チャンスをズバリ表示!
チャンス発生でスマホへプッシュ通知!

ユーロドル急落、急上昇ダブル的中!
約360pipsゲット!

荒い値動きに強い!FX売買シグナル(無料)

★業界初★FX売買シグナルツール/
(2月26日・土曜日週末クローズ時点)

★FXシグナルツール提供⇒ 外為どっとコム

【来週の重要イベント】 2/28(月)~3/4(金)

ウクライナ情勢

西側諸国がウクライナ追加支援、ロシア追加制裁へ
SWIFT除外、ロシア主要銀行を対象とする模様

欧州委員会フォンデアライエン委員長
「ロシア銀行を国際銀行決済システムSWIFTから確実に排除することを約束」
「彼らは世界中で活動できなくなり、ロシアの輸出入が事実上遮断する」
「さらにロシア中央銀行の資産を麻痺させ、取引を凍結」
「最終的に中央銀行が資産を精算することを不可能にするものである」

ウクライナから軍隊を引かないロシアに対してEUが厳しい制裁を発表。
当初反対していたイタリア、ハンガリー、ドイツなどの国もポーランドなどの説得により翻意。
月曜早朝の相場激変に注意しておきたい↓

米ブリンケン国務長官
「ロシアのウクライナ侵略により、アメリカ合衆国はEU、フランス、ドイツ、イタリア、イギリス、カナダと共に制裁対象とするロシアの主要銀行をSWIFTから切り離す」
「また、ロシア中央銀行に制限を行い制裁対象のロシア人の資産を特定、凍結する」

ウクライナ・首都キエフでロシア、ウクライナが戦闘。
米英仏から武器など軍事物資が追加供給。
ウクライナは制空権を取り戻し、巡航ミサイルに防衛システムが対応。

NATOは東欧に追加配備、ウクライナに最新兵器供与を表明。
ウクライナとロシアの戦いは長期戦となる可能性。

イタリア・ドラギ首相
「ロシアをSWIFT(国際銀行間通信協会)から排除することを支持」
「ウクライナ・ゼレンスキー大統領に約束した」

ポーランド・モラヴィエツキ首相
「ハンガリー・オルバン首相と会談。ロシアをSWIFTから排除することで支持を得た」

ウクライナ・ゼレンスキー大統領
「わたしたちは独立を守る」
「追加の武器が来た」
「ウクライナの兵士は勇敢」
「ロシアと戦う」
「SWIFTからロシアを排除してほしい」

SWIFTからロシアを除外すると金融ショックが起こる可能性が高まる。
来週からの相場激変に要注意!

米バイデン大統領
「選択肢は次の2つ」
「ロシアと戦争を行い、第3次世界大戦を始めるか」
「国際法を真っ向から否定する国に代償を払わせるか」
「制裁はかつてない規模」
「ロシアは代償を払うことになる」

ロシア・プーチン大統領
「ウクライナが停戦交渉を拒否」
「軍事作戦を継続する」

NATO
「ウクライナはNATO防衛義務の対象外」

EU
「ロシア・プーチン大統領、ラブロフ外相の資産凍結」

英ジョンソン首相
「SWIFT(国際銀行間通信協会)からロシアを排除すべき」
「ウクライナだけの問題ではない、ヨーロッパの危機だ」

今後の注目点
・ロシアがウクライナ全土を占領するかどうか。
・ウクライナとロシアの交渉と停戦。
・米欧の軍事行動の有無
・SWIFTからロシアを排除する事による金融ショック

ロシア・プーチン大統領がウクライナとの停戦協議を行わない事。
軍事攻撃継続を発表。

ウクライナでは病院も攻撃対象となっており、西側諸国は厳しい追加制裁としてSWIFT(国際銀行間通信協会)からロシア主要銀行を排除すること、ロシア中央銀行に制裁を加える事を発表。

G7緊急外相会合を27日夜開催。
日本もG7と足並みを揃える形でswiftロシア排除するか注目。

これでロシアが軍を引くかどうかが次のポイント。
月曜早朝の相場から激変する可能性を秘めており要注意!

米FRBパウエル議長・議会証言

来週3月2日(水)24:00~
米FRBパウエル議長・議会証言が行われる

アメリカの物価上昇が止まらない。
ウクライナ問題もありインフレに拍車がかかる可能性も浮上。

米FRBメンバー

米FRBメンバー4名が0.5%利上げを支持。
米FRBボウマン理事
米FRBウォラー理事
米サンフランシスコ連銀デイリー総裁
米セントレイス連銀ブラード総裁

市場では0.25%の緩やかな利上げとの楽観論が大勢。
中央銀行との乖離がありパウエル議長が0.5%を改めて織り込ませる発言に注意。

コメント次第でドル円、ユーロドル、NYダウ乱高下が予想されている。

米雇用統計

来週3月4日(金)22:30
米2月雇用統計が発表される。

<米2月雇用統計・事前予想>

非農業部門雇用者数40.0万人に減少。
失業率3.9%に改善。
平均時給前月比で減少、前年同月比で増加。

予想に近い結果なら反応は限定的となりそうだが雇用統計はサプライズが起こる経済統計として有名。
これまで、幾度も相場激変を演出してきているだけに今回も要注意!

ドル円予想・ドル円見通し

FX市場オーダー

★FX市場オーダー・リアルタイム★
為替、FXで特に重要なオーダー状況を
リアルタイムで無料提供!
FX市場オーダー・リアルタイム↓↓↓

★FX市場オーダー情報
(2月26日・土曜日9時00分現在)

ドル円オーダー情報
116円00銭に厚い売りオーダー
115円00銭に厚い買いオーダーを観測。

(FXオーダー提供⇒ 外為どっとコム

ドル円テクニカルチャート

★ドル円チャート
(2月26日・土曜日週末クローズ時点)

★ドル円チャート提供⇒ 外為どっとコム

週末にウクライナとロシアの停戦合意が行われる可能性が浮上。
米FRBの初回利上げは0.25%との噂も飛び出し
NY勢のショートカバー(売りポジションの買い戻し)ラッシュ。
NYダウ(+834)、ナスダック(+221)共に大幅上昇。

ドル円は株高に連れ一時115円76銭まで上昇。
株高=円売り(円安)の構図。

市場は停戦合意でウクライナ問題収束がメインシナリオ。
ロシア・プーチン大統領はウクライナのロシア併合を求めているだけに早期解決出来るかどうか。

リスクオフ後退で盛り上がっているが来週も二転三転ありそうだ。 

来週は、米FRBパウエル議長発言と米雇用統計のビッグイベントが予定されている。
米FRBはウクライナ問題を気にしていない。
パウエル議長から利上げに対して強気コメントが飛び出せば株価急落も。

115円台のドル円は乱高下ゾーン。
116円前半は頭を強く抑えられており
この付近まで上昇すれば売りを推奨。
逆に114円台前半では買いを推奨しておきたい。

ドル円重要レジスタンス

115円76銭(2月25日高値)
115円79銭(2月16日高値)
115円87銭(2月15日高値)
116円17銭(2月11日高値)
116円24銭(1月5日高値)
116円34銭(2月10日高値)
116円35銭(1月4日高値)

ドル円重要サポート

115円15銭(2月25日安値)
115円09銭(一目均衡表・転換線)
114円90銭(一目均衡表・基準線)
114円66銭(一目均衡表・雲の上限)
114円44銭(一目均衡表・雲の下限)
114円40銭(2月24日安値)
114円32銭(2月3日安値)
114円16銭(2月2日安値)

IMMシカゴポジション

IMMシカゴポジションとは、短期筋のポジションの偏りを示している。

最新発表・2月22日(火)時点では、ネット合計(買い-売り)63,187枚の円売り越し。

円売り2,424枚減少、円買い551枚増加。
先週比で2,975枚の円売り減少となっている。

ドル円予想チャート

最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートの中から、現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、「過去の値動き」を参考にして「将来の値動き」を予測します。プロの世界でも活用されているチャート分析方法が、はじめての方でもクリック一つで簡単にご利用いただけます。

★ドル円予想チャート
(2月26日・土曜日週末クローズ時点)

急降下は無さそうだが、上値は引き続き重い印象。
116円付近が上値目処。

ドル円予想チャート提供↓


FXプライムbyGMO[ぱっと見テクニカル]

コメント

タイトルとURLをコピーしました