9/22(火) FX為替・ドル円予想見通し・注目イベント

◆無料で使える◆
外為どっとコム
マーケットの方向性が直感的に分かる
テクニカル分析ツール!
「ぴたんこテクニカル」
スキャルピングはもちろん
デイトレ・スイングトレードにも強い味方
テクニカルがわからない初心者だけでなく
中・上級者まで必須アイテム!
ドル円研究所・推奨テクニカル!
ぜひ一度お試し下さい!

★FX業界初★
スマホにFX売買シグナル発生をプッシュ通知!
最新iPhoneバージョン公式対応!
絶好のタイミングを逃さない!
忙しい人にもピッタリ!
チャートにくぎ付けになる必要なし!

★本日のドル円・FX売買シグナル
(無料で使えます)
上下の矢印で売買チャンスをズバリ表示!
チャンス発生でスマホへプッシュ通知!
今週もドル円乱高下3連続的中!
約1円50銭ゲット!

荒い値動きに強い!FX売買シグナル(無料)

★スマホ対応★FX売買シグナル/ドル円
(9月22日・火曜日12時00分現在)

(FX売買シグナル提供⇒ 外為どっとコム

9月22日(火)
FX為替・注目イベント

<本日のFX為替注目材料>

16:30~
英BOEベイリー総裁講演

イギリス中央銀行のトップが講演を行う。先週の英MPC(金融政策委員会)では全会一致で金融政策が据え置かれたもののマイナス金利を検討する方針を示唆。イギリスでは新型コロナウィルス感染者拡大に加え、EUとの通商交渉が暗礁に乗り上げており失業者拡大の恐れが出てきている。ポンド相場の材料となるだけに英BOEベイリー総裁の発言トーンに要注意!

23:00発表
米8月中古住宅販売件数
米9月リッチモンド連銀製造業指数
米FRBの金融緩和で住宅を手に入れやすい状況。中古住宅販売件数も前回から増加する見込みとなっている。逆に製造業は踊り場局面。強弱分かれる数字となれば市場の反応も限定的か。
<米8月中古住宅販売件数>
市場予想600万件 前回(586万件)
<米9月リッチモンド連銀製造業指数>
市場予想12 前回(18)

23:00
NYオプションカット
ドル円オプションを104円35銭、104円50銭、105円00銭に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く、市場が意識する事から要注意。

23:30~
米FRBパウエル議長・議会証言(当サイト・ライブ中継)
事前の証言原稿では「経済の先行きは不透明、新型コロナウィルスの行方に左右される」「米FRBは全て出来る事を行う」と書かれており先週の米FOMCと大差無し。市場では、議員からの質疑応答がポイントとの声。また、本日は米ムニューシン財務長官も同時に議会証言を行う。
政府として他に出来る事はあるかどうか。サプライズが出てくるか注目!

深夜4:00~
英ジョンソン首相発言
イギリスでは新型コロナウィルス感染者が再増加。昨日の感染者は4,368人。実行再生産数が1を超えており新たな対策が発表される。当初、噂されていたロックダウン(都市封鎖)は見送られ、飲食店の営業時間短縮とテレワーク推奨に留まる模様。また、本日はEUと揉めているブレグジット協定変更法案の採決も行われる。可決されればEUは対抗手段に打って出ると明言。ポンド相場が再び荒れる可能性も。

★FXリアルタイムオーダー情報★
為替、FXで特に重要なオーダーを
リアルタイムでお知らせ!
FXオーダー情報↓↓↓

★FXドル円オーダー情報
(9月22日・火曜日15時00分現在)

<ドル円オーダー情報>
104円80銭に売りオーダー
104円20銭、104円05銭に買いオーダーを観測。

<FXドル円オーダー>
  外為どっとコム  提供

<ドル円の見通し>
この後のイベントとして、英BOEベイリー総裁講演(16:30~)、米8月中古住宅販売件数、米9月リッチモンド連銀製造業指数(23:00発表)、米FRBパウエル議長・議会証言(23:30~)、英議会・ブレグジット協定変更法案採決、英ジョンソン首相発言(深夜4:00~)が予定されている。米トランプ大統領がTikTokのオラクル、ウォルマート事業提携に対して承認撤回の話が浮上。中国政府も提携を認めない模様。死去した米最高裁キンズバーグ判事の後任を巡る協議で与野党が激論。マネーロンダリング(資金洗浄)報告書・フィンセン文書でドイツ銀行、米JPモルガン・チェース、英HSBC、英バークレイズ、ゆうちょ銀行の名前が記載されておりリスクオフ材料満載!NYダウ509ドル安。ECBラガルド総裁がユーロ高を牽制した事でドル円は104円まで急落後、104円90銭手前まで吹き上がった。市場では、リスクオフムードが落ち着くかどうか。米FRBパウエル議長の質疑応答がポイントとの話。今日もイベント満載だけに乱高下注意!

ドル円は、104円ジャストの厚い買いオーダーを消化できず反発。ECBラガルド総裁のユーロ高牽制発言が加わり、ドル買いの勢いが一時加速。ドル円は104円89銭の高値を付けた。テクニカルでは、久しぶりの陽線が出現。104円50銭、35銭にNYオプションも置かれており下げ一服となるかどうか。戻り売り圧力も強いだけに上下攻防戦。

<ドル円直近サポートポイント>
104円45銭(9/21安値-高値フィボナッチ50.0%押し)
104円35銭(9/21安値-高値フィボナッチ61.8%押し)
104円00銭(9月21日安値)

<ドル円直近レジスタンスポイント>

104円75銭(9月22日東京高値)
104円89銭(9月21日高値)
105円15銭(一目均衡表・転換線)

★無料で使える★
金ゴールド・NYダウ・ナスダック・原油・上海株・日経平均・VIX リアルタイムチャート

初心者でもで指先でかんたん操作!
リアルタイムチャート↓↓↓

GMOクリック証券CFD

★本日の6画面チャート★
(NYダウ・ナスダック・日経平均先物・原油・金ゴールド・VIXチャート)

<NYダウ・ナスダック・日経平均先物・原油・金ゴールド・VIXチャート>
  GMOクリック証券CFD  提供

GMOクリック証券CFD

<ドル円直近サポート>
104円45銭(9/21安値-高値フィボナッチ50.0%押し)
104円35銭(9/21安値-高値フィボナッチ61.8%押し)
104円00銭(9月21日安値)
103円07銭(3月12日安値)
101円98銭(3月10日安値)
101円17銭(3月9日安値)
100円74銭(2016年9月30日安値)
100円62銭(2016年9月29日安値)
100円25銭(2016年9月28日安値)
100円09銭(2016年9月27日安値)

<ドル円直近レジスタンス>
104円75銭(9月22日東京高値)
104円89銭(9月21日高値)
105円15銭(一目均衡表・転換線)
105円17銭(9月17日高値)
105円43銭(9月16日高値)
105円47銭(一目均衡表・基準線)
105円81銭(9月15日高値)
106円01銭(一目均衡表・雲の下限)
106円16銭(9月14日高値)
106円26銭(9月11日高値)
106円29銭(9月10日高値)
106円38銭(9月7日・8日高値)
106円50銭(9月4日高値)
106円55銭(9月3日高値)
106円57銭(8月25日高値)
106円65銭(8月17日高値)
106円70銭(8月27日高値)
106円93銭(一目均衡表・雲の上限)
106円94銭(8月28日高値)
107円01銭(8月12日高値)
107円03銭(8月14日高値)
107円05銭(8月13日高値)
107円23銭(7月23日高値)
107円28銭(7月22日高値)
107円36銭(7月21日高値)
107円53銭(7月20日高値)
107円69銭(200日移動平均線)
107円71銭(7月8日高値)
107円79銭(7月7日高値)
108円16銭(7月1日高値)
108円54銭(6月9日高値)
109円68銭(6月8日高値)
109円85銭(6月5日高値)
110円08銭(3月24日安値)
110円75銭(3月25日安値)
111円26銭(3月26日高値)
111円50銭(3月20日高値)
111円59銭(3月23日高値)
111円68銭(3月25日高値)
111円70銭(3月24日高値)
112円18銭(2月21日高値)
112円22銭(2月20日高値)
112円40銭(2019年4月24日高値)
112円60銭(2018年12月20日高値)
112円66銭(2018年12月19日高値)
112円84銭(2018年12月18日高値)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA