8/5(水) FX為替・ドル円予想見通し・注目イベント

FX売買シグナル「ぴたんこテクニカル」は
マーケットの方向性が直感的に分かる
テクニカル分析ツール!

上下の矢印で売買チャンスを表示!
さらに…チャンス発生でスマホに
FX売買シグナルをプッシュ通知!

絶好のタイミングを逃さない!
忙しい人にもピッタリ!
チャートにくぎ付けになる必要なし!



◆無料で使える◆
外為どっとコム テクニカル分析ツール
FX売買シグナル「ぴたんこテクニカル」

スキャルピングはもちろん
デイトレ・スイングトレードにも強い味方!
テクニカルがわからない初心者だけでなく
中・上級者まで必須アイテム!
ドル円研究所・推奨テクニカル!
ぜひ一度お試し下さい!

★本日のユーロ円・FX売買シグナル
(無料で使えます)
上下の矢印で売買チャンスをズバリ表示!
チャンス発生でスマホへプッシュ通知!
トレンド転換もお知らせ!

絶好調!ユーロ円上下4連続的中!
荒い値動きに強い!FX売買シグナル(無料)

★スマホ対応★FX売買シグナル/ユーロ円
(8月5日・水曜日20時00分現在)

(FX売買シグナル提供⇒ 外為どっとコム



8月5日(水)
FX為替・注目イベント

<本日のFX為替注目材料>

21:15発表
米7月ADP雇用報告
明後日発表される
米7月雇用統計の前哨戦。
市場予想は+120万人の予想だが
米トランプ大統領が雇用に自信を持っており
強い数字が出てくる可能性も。
市場予想との乖離に注意。

<米7月ADP雇用報告>
市場予想120万人 前回(236.9万人)

23:00発表
米7月ISM非製造業景況指数
サービス業の最新景況感が発表される。
前回57.1からやや弱含む数字が予想されており
ポジティブサプライズとなるかどうか。
強い数字となればリスクオン。
ドル売りが強まる展開に注意。

<米7月ISM非製造業景況指数>
市場予想55.0 前回(57.1)

23:00
NYオプションカット
ドル円オプションを106円00銭に観測。
オプションライン近くになると
防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。

★FXリアルタイムオーダー情報★
為替、FXで特に重要なオーダーを
リアルタイムで無料提供!
FXオーダー情報↓↓↓

★FXドル円オーダー情報
(8月5日・水曜日22時00分現在)

<ドル円オーダー情報>
106円05銭に厚い売りオーダー
105円50銭に厚い買いオーダーを観測。

<FXドル円オーダー>
  外為どっとコム  提供



<本日のFX為替注目材料>
経済指標、注目イベントとして
米7月ADP雇用報告(21:15発表)
米6月貿易収支(21:30発表)
米7月サービス業PMI・改定値(22:45発表)
米7月総合PMI・改定値(22:45発表)
米7月ISM非製造業景況指数(23:00発表)
米週間原油在庫(23:30発表)
米クリーブランド連銀メスター総裁講演(翌朝6:00~)が予定されている。
市場の注目は、米経済指標の結果。
特にADPとISMの数字が強い形なら
リスクオン、ドル売りが強まる展開に要注意!

★無料で使える★
NYダウ・ナスダック・日経平均先物・原油・ゴールドチャート↓↓↓

<NYダウ・ナスダック・日経平均先物・原油・ゴールドリアルタイムチャート>
  GMOクリック証券CFD  提供

GMOクリック証券CFD

<ドル円の見通し>
一目均衡表・転換線が105円52銭まで下落。
現在のドル円は、一目均衡表・基準線(106円17銭)との間で一進一退。
次にどちらのラインを明確に抜けてくるか注目。

<ドル円直近サポートポイント>
105円52銭(一目均衡表・転換線)
105円30銭(7/31安値-8/3高値フィボナッチ50.0%押し)

<ドル円直近レジスタンスポイント>

105円98銭(8/3高値-8/5東京安値フィボナッチ50.0%戻し)
106円17銭(一目均衡表・基準線)

<ドル円直近サポート>
105円52銭(一目均衡表・転換線)
105円30銭(7/31安値-8/3高値フィボナッチ50.0%押し)
104円18銭(7月31日安値)
104円09銭(3月11日安値)
103円07銭(3月12日安値)
101円98銭(3月10日安値)
101円17銭(3月9日安値)
100円74銭(2016年9月30日安値)
100円62銭(2016年9月29日安値)
100円25銭(2016年9月28日安値)
100円09銭(2016年9月27日安値)

<ドル円直近レジスタンス>
105円98銭(8/3高値-8/5東京安値フィボナッチ50.0%戻し)
106円17銭(一目均衡表・基準線)
106円19銭(8月4日高値)
106円46銭(8月3日高値)
106円63銭(7月10日安値)
106円66銭(7月15日安値)
106円68銭(7月21日安値)
106円70銭(7月22日安値)
106円71銭(7月23日安値)
106円87銭(7月24日高値)
107円23銭(7月23日高値)
107円28銭(7月22日高値)
107円36銭(7月21日高値)
107円49銭(一目均衡表・雲の下限)
107円53銭(7月20日高値)
107円71銭(7月8日高値)
107円79銭(7月7日高値)
107円91銭(一目均衡表・雲の上限)
108円16銭(7月1日高値)
108円22銭(200日移動平均線)
108円54銭(6月9日高値)
109円68銭(6月8日高値)
109円85銭(6月5日高値)
110円08銭(3月24日安値)
110円75銭(3月25日安値)
111円26銭(3月26日高値)
111円50銭(3月20日高値)
111円59銭(3月23日高値)
111円68銭(3月25日高値)
111円70銭(3月24日高値)
112円18銭(2月21日高値)
112円22銭(2月20日高値)
112円40銭(2019年4月24日高値)
112円60銭(2018年12月20日高値)
112円66銭(2018年12月19日高値)
112円84銭(2018年12月18日高値)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA