7/17(金) FX為替・ドル円予想見通し・注目イベント

FX売買シグナル「ぴたんこテクニカル」は
マーケットの方向性が直感的に分かる
テクニカル分析ツール!

上下の矢印で売買チャンスを表示!
さらに…チャンス発生でスマホに
FX売買シグナルをプッシュ通知!

絶好のタイミングを逃さない!
忙しい人にもピッタリ!
チャートにくぎ付けになる必要なし!



◆無料で使える◆
外為どっとコム テクニカル分析ツール
FX売買シグナル「ぴたんこテクニカル」

スキャルピングはもちろん
デイトレ・スイングトレードにも強い味方!
テクニカルがわからない初心者だけでなく
中・上級者まで必須アイテム!
ドル円研究所・推奨テクニカル!
ぜひ一度お試し下さい!

★本日のユーロ円・FX売買シグナル
(無料で使えます)
上下の矢印で売買チャンスをズバリ表示!
チャンス発生でスマホへプッシュ通知!
トレンド転換もお知らせ!

今日もユーロ円上下4連続的中!
上下約1円40銭ゲット!

荒い値動きに強い!FX売買シグナル(無料)

★スマホ対応★FX売買シグナル/ユーロ円
(7月17日・金曜日21時00分現在)

(FX売買シグナル提供⇒ 外為どっとコム

★最短当日★スピード口座開設!
スマホのみでOK!

↓↓↓現金103,000円キャッシュバック↓↓↓



7月17日(金)
FX為替・注目イベント

<本日のFX為替注目材料>

21:30発表
米6月住宅着工件数
米6月建設許可件数
住宅着工件数は
前回を上回る強い数字が予想されているが
昨日発表された
米7月NAHB住宅市場指数が好結果だった事で
織り込まれている面も。

<米6月住宅着工件数>
市場予想20.0% 前回(4.3%)
<米6月建設許可件数>
市場予想6.1% 前回(14.4%)

23:00発表
米7月ミシガン大学消費者態度指数・速報値
こちらも強い数字が想定されており
結果を受けたNYダウの反応に注意。
株価上昇ならリスクオン・ドル売り材料。

<米7月ミシガン大学消費者態度指数・速報値>
市場予想79.0 前回(78.1)

23:00
NYオプションカット
ドル円オプションを
107円00銭、107円25銭、107円30銭、107円35銭
に観測。
オプションライン近くになると
防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。

EUサミット
本日のメインイベント。
本日から2日間の日程で
EUサミットが開催。
メインテーマはEU復興基金。
新型コロナウィルス対策として
7,500憶ユーロの巨額予算を組み
経済対策を行うプランだが
5,000憶ユーロを返済不要の補助金として各国に分配。
2,500憶ユーロを融資とする案に
オランダ、オーストリア、デンマーク、スウェーデンなど
緊縮財政に努めてきた国は
補助金を湯水のように使いたい
イタリア、スペインなどを厳しく牽制。
財政規律厳守の確約が無ければ
補助金を認めないスタンスを強調。

昨日、ECBラガルド総裁は
「5月、6月の経済データは改善」
「経済縮小は想定内に留まっている」
「追加刺激策は休止」と発言。
金融面でのサポートは十分であり
大風呂敷を広げる必要は無いのが実情。

融資メインという形でなら早期合意出来そうだが
イタリア、スペインはあくまでも補助金を要求。

EUミシェル大統領は
加盟国ごとの分担拠出金である
リベート制度を調整。
オランダ、オーストリア、デンマーク、スウェーデンに対して
一括で今年払い戻すプランを提示。
オーストリアはこのプランなら賛成する模様だが
デンマーク、スウェーデンは反対。
オランダは微妙な立場。

今回合意できなくても7月最終週に
もう一度EUサミットを行う予定が組まれており
時間をかけて各国の調整を行う可能性もある。

市場では、前のめりで合意を織り込む動きとなっておりユーロが上昇。
関連ヘッドラインに注意しておきたい。

★FXリアルタイムオーダー情報★
為替、FXで特に重要なオーダーを
リアルタイムで無料提供!
FXオーダー情報↓↓↓

★FXドル円オーダー情報
(7月17日・金曜日21時00分現在)

<ドル円オーダー情報>
107円50銭に厚い売りオーダー
106円80銭に厚い買いオーダーを観測。

<FXドル円オーダー>
  外為どっとコム  提供



<本日のFX為替注目材料>
経済指標、注目イベントとして
米6月住宅着工件数(21:30発表)
米6月建設許可件数(21:30発表)
米7月ミシガン大学消費者態度指数・速報値(23:00発表)
EUサミット
G20財務相・中央銀行総裁会議が予定されている。
本日のメインイベントはEUサミット。
EU復興基金として
返済不要の多額の補助金を要求する
イタリアとスペインに対して
白紙手形のような形は認めず
融資で実行すべきと主張する
オランダ、オーストリア、デンマーク、スウェーデン。
EUミシェル大統領は4か国に対して
EU拠出金の返還と引き換えに承認を要求しているが
この条件を呑むかどうか。
市場では、前のめりで合意を織り込む動きとなっておりユーロが上昇。
関連ヘッドラインに注意しておきたい。

<NYダウ先物・CFDリアルタイムチャート>

<NYダウ先物・リアルタイムチャート>
  GMOクリック証券CFD  提供

GMOクリック証券CFD

<ドル円の見通し>
市場は、これまでと異なり
リスクオン材料が出ても円安ではなくドル売りで反応。
107円を挟んで右往左往する動きとなっている。
EUサミットで流れが変わるかどうか注目。

<ドル円直近サポートポイント>
107円11銭(一目均衡表・基準線)
107円09銭(7月17日ロンドン安値)
106円83銭(7月16日安値)

<ドル円直近レジスタンスポイント>
107円40銭(7月16日高値)
107円42銭(7月14日高値)
107円71銭(7月8日高値)

<ドル円直近サポート>
107円11銭(一目均衡表・基準線)
107円09銭(7月17日ロンドン安値)
106円83銭(7月16日安値)
106円78銭(7月13日安値)
106円63銭(7月10日安値)
106円38銭(6月24日安値)
106円07銭(6月23日安値)
105円99銭(5月6日、7日安値)
105円81銭(3月17日安値)
105円21銭(3/9安値-3/24高値フィボナッチ61.8%押し)
105円13銭(3月16日安値)
104円50銭(3月13日安値)
104円09銭(3月11日安値)
103円07銭(3月12日安値)
101円98銭(3月10日安値)
101円17銭(3月9日安値)
100円74銭(2016年9月30日安値)
100円62銭(2016年9月29日安値)
100円25銭(2016年9月28日安値)
100円09銭(2016年9月27日安値)

<ドル円直近レジスタンス>
107円21銭(一目均衡表・転換線)
107円40銭(7月16日高値)
107円42銭(7月14日高値)
107円71銭(7月8日高値)
107円79銭(7月7日高値)
107円91銭(一目均衡表・雲の下限)
108円12銭(一目均衡表・雲の上限)
108円16銭(7月1日高値)
108円38銭(200日移動平均線)
108円54銭(6月9日高値)
109円68銭(6月8日高値)
109円85銭(6月5日高値)
110円08銭(3月24日安値)
110円75銭(3月25日安値)
111円26銭(3月26日高値)
111円50銭(3月20日高値)
111円59銭(3月23日高値)
111円68銭(3月25日高値)
111円70銭(3月24日高値)
112円18銭(2月21日高値)
112円22銭(2月20日高値)
112円40銭(2019年4月24日高値)
112円60銭(2018年12月20日高値)
112円66銭(2018年12月19日高値)
112円84銭(2018年12月18日高値)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA