ドル円の来週の見通し・予想 6/8(月)~6/12(金)

◆登録簡単!無料で使える◆
最新iPhone公式対応!
FX取引が簡単にレベルアップ出来る
テクニカル分析ツール
「無料FX売買シグナル」
上下の矢印でスマホ画面に
売買チャンスをズバリ表示!
エントリーポイントが一目瞭然!
スキャルピングはもちろん
デイトレード、スイングトレードに強い味方!
テクニカルがわからないと悩んでる
初心者だけでなく
中・上級者まで必須アイテム!
ドル円研究所・推奨テクニカル!
ぜひ一度お試し下さい!

★5分で登録完了!無料FX売買シグナル
⇒ FXダイレクトプラス  提供

◆今ならビッグチャンス◆
新規の方・FXデビュープログラム
現金50万円キャッシュバック!

★現在のドル円
スマホFX売買シグナル(無料)

上下の矢印でスマホ画面に
売買チャンスをズバリ表示!

エントリーポイントが一目瞭然!
米雇用統計も簡単!
ドル円上下3連続ズバリ的中

上下荒い値動きに強い!
スマホFX売買シグナル(無料)

★最新 iPhone 公式対応★
ドル円・スマホFX売買シグナル
(6月6日・土曜日週末クローズ時点)

★5分で登録完了!無料FX売買シグナル
⇒ FXダイレクトプラス  提供



ドル円の来週の見通し・予想  6/8(月)~6/12(金)

★来週のドル円注目材料★
1.米FOMC
2.ユーロ圏財務相会合
3.
米重要経済指標

1.米FOMC
来週9日(火)~10日(水)
アメリカの金融政策を決定する
米FOMC(連邦公開市場委員会)が開催。

10日(水)深夜3:00
米FOMC結果・声明文発表

10日(水)深夜3:30~
米FRBパウエル議長・記者会見が予定されている。

5日(金)発表された
米雇用統計がポジティブサプライズ。
非常に強い数字となった事で
米FRBは様子見スタンスとなることが濃厚。
金融政策は現状維持との見方が大勢。
市場では、パウエル議長の発言に注目が集まっており
米経済の先行き見通し、雇用情勢など強気のスタンスが
出てくるかどうかがポイント。
ドル円は上下荒い値動きに注意しておきたい。

2.ユーロ圏財務相会合
来週11日(木)
ユーロ圏財務相会合が開催。
再来週19日(金)EUサミットへの地ならしとして
市場では、注目されている。
欧州委員会が提案している
約90兆円の巨額景気刺激策が実現するかどうか。
このパッケージにはユーロ共同債の発行が必要だが
オーストリア、オランダは強く反対しており
交渉が難航する可能性も。
ユーロへの影響に注意しておきたい。

3.米重要経済指標
来週は、米5月消費者物価指数(10日21:30発表)
米新規失業保険申請件数(11日21:30発表)
米6月ミシガン大学
消費者態度指数・速報値(12日23:00発表)がポイント。
米経済の急回復を示す数字が出てくればリスクオン。
ドル円にプラス材料。


★週末のユーロ円・売買シグナルチャート★
(6月6日・土曜日週末クローズ時点)

(ユーロ円・売買シグナルチャート→  FXプライムbyGMO  提供)

FXプライムbyGMO

上昇・下落を事前に音声と
上下の矢印シグナルでお知らせ!
トレンド変化・買いシグナル発生!
ユーロ円で大量利益!約6円50銭ゲット!
ユーロ円買いシグナル的中!

売買シグナルで
上昇・下落トレンドが一目瞭然!
申し込み1分、無料で使えます!

★申し込み1分!
無料で使える、FX売買シグナルが大人気の
FXプライムbyGMO からおいしいお知らせ!

★スペシャルキャンペーン★
6月の取引で
最大10万円分の
高級カタログギフトプレゼント!
おいしいキャンペーンがスタート!
新規の方には
★最大50万円現金キャッシュバック!

FXプライムbyGMO

<月曜早朝6時オープン(夏時間)>
FX窓開け・窓埋め対応!
早朝から取引できるFX業者
 
 ヒロセ通商株式会社  

FX取引ならヒロセ通商へ

★リアルタイムのFXオーダー・板情報★
スマホ画面に一発表示!
無料で手に入る強い武器!

★FXドル円オーダー・板情報
(6月6日・土曜日週末クローズ時点)

<最新リアルタイム>
FX板情報・ドル円オーダー

 ヒロセ通商株式会社  提供

FX取引ならヒロセ通商へ

<ドル円オーダー情報>
109円85銭、110円00銭に厚い売りオーダー
109円50銭、109円00銭に厚い買いオーダーを観測。

<FX板情報・オーダーチャート>
★スマホで見れるFX板情報★
オーダー画面とチャートを同時表示!
サポート、レジスタンスが一目瞭然!



<来週の主要イベント>
来週も、要人発言とイベント満載。
日本1-3月期GDP・改定値(8日8:50発表)
日本4月経常収支・貿易収支(8日8:50発表)
独4月鉱工業生産(8日15:00発表)
ECBラガルド総裁発言(8日22:45~)
メキシコ5月消費者物価指数(9日20:00発表)
日本4月機械受注(10日8:50発表)
トルコ3月失業率(10日16:00発表)
中国5月消費者物価指数(10日10:30発表)
米5月消費者物価指数(10日21:30発表)
米FOMC結果・声明文(10日深夜3:00発表)
米FRBパウエル議長・記者会見(10日深夜3:30~)
メキシコ4月鉱工業生産(11日20:00発表)
米新規失業保険申請件数(11日21:30発表)
ユーロ圏財務相会合(11日)
メジャーSQ(12日)
英4月GDP(12日15:00発表)
英4月鉱工業生産(12日15:00発表)
トルコ4月鉱工業生産(12日16:00発表)
米6月ミシガン大学消費者態度指数・速報値(12日23:00発表)が予定されている。
注目は、米FOMCイベント。
5日(金)発表された
米雇用統計がポジティブサプライズ。
非常に強い数字となった事で
米FRBは様子見スタンスとなることが濃厚。
パウエル議長の発言に注目が集まっている。
市場では、OPECプラスで原油減産が1ヶ月延長合意。
サウジアラビアが原油販売価格を引き上げた事もポジティブ材料。
週明けの一段高を期待したいとの話。

<ドル円の見通し>
ドル円は一目均衡表・雲の上限を上抜け。
4連騰で109円85銭へ駆け上がる動き。
強い形を維持しており、110円トライを含め
高値更新がどこまで続くか注目。

★ドル円直近サポート
109円16銭(6月5日NY安値)
109円04銭(6月5日東京安値)
108円61銭(6月4日安値)

★ドル円直近レジスタンス
109円85銭(6月5日高値)
110円08銭(3月24日安値)
110円75銭(3月25日安値)

<IMMシカゴポジション>
最新発表・6月2日(火)時点では
ネット合計(買い-売り)
32,579枚の円買い越し。
ドル円が急上昇しているものの
大きな数量変化は起こっていない。

<ドル円直近サポート一覧>
109円16銭(6月5日NY安値)
109円04銭(6月5日東京安値)
108円61銭(6月4日安値)
108円46銭(一目均衡表・転換線)
108円42銭(6月3日安値)
108円40銭(200日移動平均線)
107円91銭(一目均衡表・基準線)
107円53銭(一目均衡表・雲の上限)
107円36銭(5月27日安値)
107円32銭(5月22日安値)
107円08銭(5月29日安値)
107円05銭(5月18日安値)
106円85銭(5月15日安値)
106円77銭(5月14日安値)
106円75銭(5月13日安値)
106円69銭(5月11日安値)
106円68銭(一目均衡表・雲の下限)
106円22銭(5月8日安値)
105円99銭(5月6日、7日安値)
105円91銭(3月17日安値)
105円21銭(3/9安値-3/24高値フィボナッチ61.8%押し)
105円13銭(3月16日安値)
104円50銭(3月13日安値)
104円09銭(3月11日安値)
103円07銭(3月12日安値)
101円98銭(3月10日安値)
101円17銭(3月9日安値)
100円74銭(2016年9月30日安値)
100円62銭(2016年9月29日安値)
100円25銭(2016年9月28日安値)
100円09銭(2016年9月27日安値)

<ドル円直近レジスタンス一覧>
109円85銭(6月5日高値)
110円08銭(3月24日安値)
110円75銭(3月25日安値)
111円26銭(3月26日高値)
111円50銭(3月20日高値)
111円59銭(3月23日高値)
111円68銭(3月25日高値)
111円70銭(3月24日高値)
112円18銭(2月21日高値)
112円22銭(2月20日高値)
112円40銭(2019年4月24日高値)
112円60銭(2018年12月20日高値)
112円66銭(2018年12月19日高値)
112円84銭(2018年12月18日高値)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA