ドル円の来週の見通し・予想 4/27(月)~5/1(金)

<FX業界騒然! 激安スプレッド>
ドル円0.1銭! ユーロドル0.2pips

日本史上最狭水準スプレッド
米ドル円0.1銭、豪ドル円0.4銭
(原則固定例外有り)
MT4利用、FX自動売買OK!
負担なし、各種手数料無料!
当日出金対応!
新規口座開設+お取引で
最大55,000円キャッシュバック
1,000通貨取引対応
時間がないサラリーマンもFX取引できる!
最短3分で申込完了


らくらくFX



ドル円の来週の見通し・予想  4/27(月)~5/1(金)

★来週のドル円注目材料★
1.日銀金融政策決定会合
2.米FOMC
3.ECB理事会
4.コロナショック
5.米企業決算
6.米重要経済指標

1.日銀金融政策決定会合
来週27日(月)
通常2日間で行われる会合を1日に期間短縮した
日銀金融政策決定会合が開催。

27日(月)会合終了後直ちに
金融政策結果発表
27日(月)15:30~
日銀黒田総裁・記者会見が予定されている。

日銀はこれまで
「年間80兆円」を目途とする方針を掲げていたが
この買い入れ枠を撤廃。
無制限に買い入れが可能とする方針。
また、社債、コマーシャルペーパーの
買い入れ額の拡大に加え
資金繰り支援策を検討するとの報道が伝わっているが
残念ながら事前リークで材料として消化済み。
市場では、逆に買い入れ枠が無制限となっても
実際にどんどん買い入れを行うかどうか疑問との声も。
厳しい質問が飛ぶ可能性があり
黒田総裁の記者会見に注意しておきたい。

2.米FOMC
来週28日(火)~29日(水)
アメリカの金融政策を決定する
米FOMC(連邦公開市場委員会)が開催。

29日(水)深夜3:00
米FOMC結果・声明文
29日(水)深夜3:30~
米FRBパウエル議長・記者会見が予定されている。

市場では、これまで立て続けに行ってきた
緊急利下げなどの効果を見極めるため
金融政策を現状維持するとの見方が大勢。
パウエル議長が更なる追加緩和に向けて
どこまで意欲的かが焦点。
積極的な資金供給を続ける事を強調するなら
ドル売り材料。
相場急変に注意しておきたい。

3.ECB理事会
来週30日(木)
ユーロ圏の金融政策を決定する
ECB理事会が開催。

30日(木)20:45
ECB理事会・政策金利発表
30日(木)21:30~
ECBラガルド総裁・記者会見が予定されている。

市場では、週末発表された
イタリア、ギリシャ、オランダ格付けが現状維持。
特に危惧されていた
イタリア格下げが回避された事は
ポジティブな材料との声。

ECBラガルド総裁は
新型コロナウィルスによる
ユーロ圏経済への影響を心配しており
最大15%のマイナス成長となると警告。
3月18日に緊急発表した7500億ユーロ規模の
パンデミック緊急購入プログラムの拡大を求めており
ジャンク債を担保として受け入れるかどうかが
今回の理事会で最大の焦点となりそうだ。
木曜日の夜はユーロに注目!

4.コロナショック
25日(土)12:00現在
新型コロナウイルス感染者数
(クルーズ船除く)
アメリカ890,524
スペイン219,764
イタリア192,994
フランス159,495
ドイツ154,545
イギリス144,635
トルコ104,912
イラン88,194
中国83,885
日本12,868

国内感染者は1万2千人を突破。
東京は毎日100人以上の感染者が増加。
小池都知事は5月6日まで
「ステイホーム週間」として
休業、外出抑制をさらに呼びかけているが
一部にコロナ自粛疲れも見える中
どこまで実行されるか。
感染症の専門家からは
このままの状態が続けば
緊急事態宣言の延長は免れないとの声。
改めて気を引き締める必要がありそうだ。

アメリカでは約90万人規模の感染者が発生。
未曾有の大災害となっているが
「ウィルスはフェイク」だとロックダウンに反対して
デモを行う人々まで現れており
相当痺れを切らしている模様。
米CDC(疾病対策センター)がコロナ第2波を警戒する中で
秋の大統領選挙が気になって仕方がない
米トランプ大統領は早期の経済再開を主張。
米ペンス副大統領は
来月末までに新型コロナウィルスが
終息するとの見方を示しており
金融市場は歓迎ムード。
経済再開の州が増えてくれば経済好転の兆し。
相場を押し上げる材料と考えておきたい。

5.米企業決算
来週は、当初23日の発表が1週間延期された
アマゾン決算が最大の注目。
新型コロナウィルスによる巣籠消費で
強い数字が予想されているが
すでに織り込まれつつあるだけに
発表後の影響は限定的か。
アルファベット、ボーイング、アップル、ギリアドの決算にも
注意しておきたい。

米主要企業決算
28日(火)アルファベット、メルク、ファイザー、3M、スターバックス
29日(水)ボーイング、マイクロソフト、クアルコム
30日(木)アマゾン、アップル、ギリアド

6.米重要経済指標
来週は、米4月消費者信頼感指数(28日23:00発表)
米1-3月期GDP・速報値
(29日21:30発表)
米新規失業保険申請件数(30日21:30発表)
米3月個人消費支出(30日21:30発表)
米4月シカゴ購買部協会景気指数(30日22:45発表)
米4月ISM製造業景況指数(1日23:00発表)が予定されている。
市場では、壮絶な数字が予想されている米GDP・速報値と
週末のISMが注目されており
どの程度下押しされているかがポイント。
発表前後の相場急変に注意しておきたい。



★週末のドル円・売買シグナルチャート★
(4月25日・土曜日週末クローズ時点)

(ドル円・売買シグナルチャート→  FXプライムbyGMO  提供)

FXプライムbyGMO

上昇・下落を事前に音声と
上下の矢印シグナルでお知らせ!
トレンド変化・売りシグナル発生!
週末のドル円下落、全部的中!
売買シグナルで
上昇・下落トレンドが一目瞭然!
申し込み1分、無料で使えます!

★申し込み1分!
無料で使える、FX売買シグナルが大人気の
FXプライムbyGMO からおいしいお知らせ!

★スペシャルキャンペーン★
4月の取引で
最大10万円分の
高級カタログギフトプレゼント!
新規の方も既存の方もOK!
おいしいキャンペーンがスタート!
さらに、新規の方には
★1万円キャッシュバック!

FXプライムbyGMO

★米国債10年利回りチャート
(4月25日・土曜日週末クローズ時点)

<米10年債利回り情報>
週末クローズに向けて利回りが低下。
ドル円は107円37銭の安値を付けた。

<FX・米国債利回りチャート>
★ドル円相場の未来がわかるチャート★
米国債利回りをリアルタイムで表示!
スマホでチェックできる重要情報!

<最新リアルタイム>
FX米国債利回りチャート

 ヒロセ通商株式会社  提供

<月曜早朝6時オープン(夏時間)>
FX窓開け・窓埋め対応!
早朝から取引できるFX業者
 
 ヒロセ通商株式会社  

FX取引ならヒロセ通商へ

★リアルタイムのFXオーダー・板情報★
スマホ画面に一発表示!
無料で手に入る強い武器!

★FXドル円オーダー・板情報
(4月25日・土曜日週末クローズ時点)

<最新リアルタイム>
FX板情報・ドル円オーダー

 ヒロセ通商株式会社  提供

FX取引ならヒロセ通商へ

<ドル円オーダー情報>
107円70銭に厚い売りオーダーを観測。

<FX板情報・オーダーチャート>
★スマホで見れるFX板情報★
オーダー画面とチャートを同時表示!
サポート、レジスタンスが一目瞭然!



<来週の主要イベント>
来週は月末、月初を含む1週間。
日米欧の金融政策決定会合に加え
重要経済指標、米企業決算の発表が目白押し。
日銀金融政策決定会合(27日)
日銀黒田総裁・記者会見(27日15:30~)
米FOMC結果・声明文(29日深夜3:00発表)
米FRBパウエル議長・記者会見(29日深夜3:30~)
ECB理事会・政策金利(30日20:45発表)
ECBラガルド総裁・記者会見(30日21:30~)
米1-3月期GDP・速報値(29日21:30発表)
豪1-3月期消費者物価指数(29日10:30発表)
中国4月製造業PMI(30日10:00発表)
ユーロ圏1-3月期GDP・速報値(30日18:00発表)
ユーロ圏4月消費者物価指数(30日18:00発表)
米4月ISM製造業景況指数(1日23:00発表)が予定されている。
市場では、週末発表された
イタリア、イギリス、ギリシャ、オランダ格付けが現状維持。
また、米ペンス副大統領は
来月末までに新型コロナウィルスが
終息するとの見方を示しており
ポジティブな材料が出てきた事は
相場の下支えとなりそうだとの声。

<ドル円の見通し>
ドル円は107円台での底堅さが続いている状況。
市場では、来週半ばに
一目均衡表・雲と衝突するため
上下どちらかに方向性が出てくるとの話。
日米欧の金融政策決定会合を受けた
相場の勢いに注意しておきたい。

★ドル円直近サポート
107円37銭(4月24日安値)
107円28銭(4月21日安値)
107円16銭(4月16日安値)
107円02銭(一目均衡表・雲の上限)
106円92銭(4月1日安値)

★ドル円直近レジスタンス
107円76銭(4月24日高値)
108円08銭(4月16日、17日高値)
108円15銭(4/6高値-4/15安値フィボナッチ50.0%戻し)
108円48銭(4月13日高値)
108円58銭(4月10日高値)

<IMMシカゴポジション>
最新発表・4月21日(火)時点では
ネット合計(買い-売り)
26,026枚の円買い越し。
円買いポジションが3,000枚以上増加。
投機筋はやや円高方向を見ている模様。

<ドル円直近サポート一覧>
107円37銭(4月24日安値)
107円28銭(4月21日安値)
107円16銭(4月16日安値)
107円02銭(一目均衡表・雲の上限)
106円98銭(4月14日安値)
106円92銭(4月1日安値)
106円75銭(3月18日安値)
106円44銭(3/9安値-3/24高値フィボナッチ50.0%押し)
106円70銭(一目均衡表・雲の下限)
105円81銭(3月17日安値)
105円13銭(3月16日安値)
104円50銭(3月13日安値)
104円09銭(3月11日安値)
103円07銭(3月12日安値)
101円98銭(3月10日安値)
101円17銭(3月9日安値)
100円74銭(2016年9月30日安値)
100円62銭(2016年9月29日安値)
100円25銭(2016年9月28日安値)
100円09銭(2016年9月27日安値)

<ドル円直近レジスタンス一覧>
107円51銭(一目均衡表・転換線)
107円76銭(4月24日高値)
108円08銭(4月16日、17日高値)
108円15銭(4/6高値-4/15安値フィボナッチ50.0%戻し)
108円33銭(200日移動平均線)
108円48銭(4月13日高値)
108円58銭(4月10日高値)
109円06銭(4月9日高値)
109円09銭(4月8日高値)
109円26銭(4月7日高値)
109円32銭(一目均衡表・基準線)
109円38銭(4月6日高値)
109円63銭(3月27日高値)
111円26銭(3月26日高値)
111円68銭(3月25日高値)
111円70銭(3月24日高値)
112円18銭(2月21日高値)
112円22銭(2月20日高値)
112円40銭(2019年4月24日高値)
112円60銭(2018年12月20日高値)
112円66銭(2018年12月19日高値)
112円84銭(2018年12月18日高値)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA