ドル円の来週の見通し・予想 4/13(月)~4/17(金)

★申し込み1分!
無料で使える、FX売買シグナルが大人気の
FXプライムbyGMO からおいしいお知らせ!

★スペシャルキャンペーン★
4月の取引で
最大10万円分の
高級カタログギフトプレゼント!
新規の方も既存の方もOK!
おいしいキャンペーンがスタート!
さらに、新規の方には
★1万円キャッシュバック!

FXプライムbyGMO

上昇・下落を事前に音声と
上下の矢印シグナルでお知らせ!
トレンド変化・売りシグナル発生!
週末のドル円下落ズバリ的中!
約50銭ゲット!

売買シグナルで
上昇・下落トレンドが一目瞭然!
申し込み1分、無料で使えます!

★本日のドル円・売買シグナルチャート★
(4月11日・土曜日週末クローズ時点)

(ドル円・売買シグナルチャート→  FXプライムbyGMO  提供)

FXプライムbyGMO


ドル円の来週の見通し・予想  4/13(月)~4/17(金)

★来週のドル円注目材料★
1.コロナショック
2.原油協調減産
3.米重要経済指標

1.コロナショック
12日(日)9:00現在
新型コロナウイルス感染者数(クルーズ船除く)
アメリカ526,396
スペイン163,027
イタリア152,271
フランス130,727
ドイツ124,908
中国83,014
イギリス79,874
イラン70,029
トルコ52,167
日本6,923

アメリカでは感染者数が50万人突破!
先週からの1週間で約20万人急増。
新型コロナウィルスの感染力が
極めて強いことを示す数字となっている。
日本の増加ペースは加速しているものの
アメリカでは感染者数がいつピークアウトするかに
注目が集まっており、何らかの兆しが出てくれば
ポジティブな反応となりそうだ。
引き続きヘッドラインに注意しておきたい。

2.原油協調減産
10日(金)G20エネルギー大臣会合では
メキシコの反対で合意に至らなかったものの
OPECプラスでメキシコが要求されている40万バレル減産の内
米トランプ大統領が25万~30万バレルを肩代わりすると表明。
但し、需要減少ですでに実施済みとも発言しており
このシナリオでサウジアラビアとロシアが納得するなら
日量1,000万バレルの減産を
5月1日から2ヶ月間行う事になる。
市場では、サウジ、ロシア、アメリカの合意で
不透明要因が一つ消える場合プラス材料との声。
週明け月曜日の反応に注意しておきたい。

3.米重要経済指標
来週は、米3月小売売上高(15日21:30発表)
米4月NY連銀製造業景気指数(15日21:30発表)
米4月フィラデルフィア連銀製造業景気指数(16日21:30発表)
米新規失業保険申請件数(16日21:30発表)が注目材料。
新型コロナウィルスの影響で
いずれも壊滅的な数字が想定されており
どこまで悪化しているか注目。

★リアルタイムのFXオーダー・板情報★
スマホ画面に一発表示!
無料で手に入る強い武器!

★FXドル円オーダー・板情報
(4月11日・土曜日週末クローズ時点)

<最新リアルタイム>
FX板情報・ドル円オーダー

 ヒロセ通商株式会社  提供

FX取引ならヒロセ通商へ

<ドル円オーダー情報>
108円70銭に厚い売りオーダー
108円20銭に厚い買いオーダーを観測。

<FX板情報・オーダーチャート>
★スマホで見れるFX板情報★
オーダー画面とチャートを同時表示!
サポート、レジスタンスが一目瞭然!


★本日のドル円・売買シグナルチャート★
(4月11日・土曜日週末クローズ時点)

上昇・下落を事前に音声と
上下の矢印シグナルでお知らせ!
トレンド変化・売りシグナル発生!
週末のドル円下落ズバリ的中!
売買シグナルで
上昇・下落トレンドが一目瞭然!
申し込み1分、無料で使えます!

(ドル円・売買シグナルチャート→  FXプライムbyGMO  提供)

FXプライムbyGMO

<来週の主要イベント>
来週は、中国3月貿易収支(14日)
米3月小売売上高(15日21:30発表)
米4月NY連銀製造業景気指数(15日21:30発表)
米3月鉱工業生産(15日22:15発表)
カナダ中銀・政策金利(15日23:00発表)
米地区連銀経済報告(15日深夜3:00発表)
豪3月雇用統計(16日10:30発表)
米4月フィラデルフィア連銀製造業景気指数(16日21:30発表)
米新規失業保険申請件数(16日21:30発表)
G20財務相・中央銀行総裁会議(16日~17日)
中国1-3月期GDP(17日11:00発表)が注目材料。
新型コロナウィルスがメインテーマとなって久しいが
アメリカでは感染者数が50万人突破!
先週からの1週間で約20万人急増。
新型コロナウィルスの感染力が
極めて強いことを示す数字となっている。
日本の増加ペースは加速しているものの
アメリカでは感染者数がいつピークアウトするかに
注目が集まっており、何らかの兆しが出てくれば
ポジティブな反応となりそうだ。
10日(金)G20エネルギー大臣会合では
メキシコの反対で合意に至らなかったものの
OPECプラスでメキシコが要求されている40万バレル減産の内
米トランプ大統領が25万~30万バレルを肩代わりすると表明。
但し、需要減少ですでに実施済みとも発言しており
このシナリオでサウジアラビアとロシアが納得するなら
日量1,000万バレルの減産を
5月1日から2ヶ月間行う事になる。
市場では、サウジ、ロシア、アメリカの合意で
不透明要因が一つ消える場合プラス材料との声。
週明け月曜日の反応に注意しておきたい。


<ドル円の見通し>
ドル円は108円20銭の安値を付けたものの
3/9安値-4/6高値フィボナッチ50.0%押しと
一目均衡表・転換線が重なる
108円15銭のサポートを抜けきれず反発。
市場では、イースター休暇を前に
ポジション整理の材料が欲しかった所に
米FRBパウエル議長の発言が
ドル売り材料として使われたとの声。
来週の109円アタックに注意。

直近サポートとして
108円32銭(4月10日安値)
108円20銭(4月9日安値)
108円15銭(一目均衡表・転換線)
(3/9安値-4/6高値フィボナッチ50.0%押し)

直近レジスタンスとして
108円58銭(4月10日高値)
108円80銭(4/6高値-4/9安値フィボナッチ50.0%戻し)
109円06銭(4月9日高値)

<IMMシカゴポジション>
最新発表・4月7日(火)時点では
ネット合計(買い-売り)
22,410枚の円買い越し。
イースター休暇で円売りポジション縮小。

<ドル円直近サポート>
108円34銭(200日移動平均線)
108円32銭(4月10日東京)
108円20銭(4月9日安値)
108円15銭(一目均衡表・転換線)
(3/9安値-4/6高値フィボナッチ50.0%押し)
107円78銭(4月3日安値)
107円01銭(4月2日安値)
106円92銭(4月1日安値)
106円75銭(3月18日安値)
106円70銭(一目均衡表・雲の上限)
106円44銭(一目均衡表・基準線)
(3/9安値-3/24高値フィボナッチ50.0%押し)
106円32銭(一目均衡表・雲の下限)
105円81銭(3月17日安値)
105円13銭(3月16日安値)
104円50銭(3月13日安値)
104円09銭(3月11日安値)
103円07銭(3月12日安値)
101円98銭(3月10日安値)
101円17銭(3月9日安値)
100円74銭(2016年9月30日安値)
100円62銭(2016年9月29日安値)
100円25銭(2016年9月28日安値)
100円09銭(2016年9月27日安値)

<ドル円直近レジスタンス>
108円58銭(4月10日高値)
108円80銭(4/6高値-4/9安値フィボナッチ50.0%戻し)
109円06銭(4月9日高値)
109円09銭(4月8日高値)
109円26銭(4月7日高値)
109円38銭(4月6日高値)
109円63銭(3月27日高値)
111円26銭(3月26日高値)
111円68銭(3月25日高値)
111円70銭(3月24日高値)
112円18銭(2月21日高値)
112円22銭(2月20日高値)
112円40銭(2019年4月24日高値)
112円60銭(2018年12月20日高値)
112円66銭(2018年12月19日高値)
112円84銭(2018年12月18日高値)

DMM FX
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA