米FRBパウエル議長 ライブ中継・議会証言・記者会見・講演・挨拶 日程/予定/時間

7月28日(水)深夜3:30~
米FRBパウエル議長・記者会見を当サイトは予定通り終了しました。

いつもご覧いただきありがとうございます。世界中が注目!アメリカの金融政策を決定する最高責任者!米FRBパウエル議長の発言を当サイトで完全ライブ中継!

発言一つで市場が大きく反応するビッグイベント!特にドル円の急変動に要注意!

米FRBパウエル議長発言内容

「テーパリング(量的金融緩和縮小)のタイミングは今後のデータにより異なる
「テーパリング実施の際は、変更前に事前通知する」
「インフレは今後高止まり、その後鈍化。また依然として長期目標を下回る」
「家計支出は急上昇している」
「労働市場は好調」
「住宅市場は引き続き堅調、事業投資も伸びている」

「利上げには程遠い」
「インフレ(物価)の状況を注意深く監視」
「短期的なインフレ方向は上だが一時的」
「市場に安全策として新たなレポ制度を創設」
「レポ上限は55兆円、新たな流動性供給となる」
「インフレ上昇が落ち着く自信がある」
「テーパリングの時期について米FRBメンバーの中で意見が割れている」
「量的金融緩和縮小の時期は決定していない」

★FXドル円オーダー情報
(7月29日・木曜日 4時00分現在)

<ドル円オーダー情報>
110円30銭に厚い売りオーダー
109円50銭に厚い買いオーダーを観測。

<FXリアルタイムオーダー情報>
 外為どっとコム 提供

特集記事

TOP